写真会議 アルル

 NS アルル写真会議 (旧Rencontres internationales de la Photographie d'Arles)は、毎年恒例のフェスティバルです。 写真撮影 1970年にアルルの写真家ルシアンクレルグ、作家ミシェルトゥルニエ、歴史家ジャンモーリスルケットによって設立された夏。

主に新作で構成されたプログラムで、Rencontresd'Arlesは国際的な次元を獲得しました。 2017年には、125,000人を超える観客がフェスティバルの第48版を発見することができました。 2018年、このフェスティバルは14万人の来場者で新記録を樹立しました。

12世紀の礼拝堂や19世紀の工業用建物など、一部の場所は祭りの期間中一般に公開されています。

 

アルル写真会議

アルル写真会議

 

アルル写真会議

Rencontres d'Arlesのおかげで、多くの写真家がマスクを外されました。これは、写真と現代の創造の出発点としてのフェスティバルの重要性を裏付けています。近年、Rencontres d'Arlesは多くのキュレーターを招待し、そのプログラムの一部をMartin Parr(2004)、Raymond Depardon(2006)、ArlesクチュリエのChristian Lacroix(2008)、さらにはNan Goldin(2009)などの人物に委託しています。 )。

Grâce aux grâce au soutien du ministère de la Culture, le festival a pu étendre et développer ses activités, devenant ainsi l’un des événements majeurs du calendrier culturel européen. Chaque année, le festival attire environ 200 000 visiteurs, ce qui en fait l’une des destinations touristiques les plus populaires en France.

 

Le festival est organisé autour d’un thème central, qui sert de point de départ à un large éventail d’expositions, de conférences, de films et d’autres événements. L’objectif du festival est de promouvoir la photographie contemporaine et d’encourager le dialogue entre les artistes, les critiques et le public.

L’un des points forts du festivalest le « musée en plein air », qui présente une sélection des meilleures photographies contemporaines du monde entier. Cette année, le musée sera ouvert de juin à septembre. Un autre point fort est la « Nuit de la photographie », qui a lieu le premier samedi de chaque mois. Cet événement est l’occasion pour les photographes de présenter leur travail à un public plus large.

イベント

オープニングウィーク des Rencontres d'Arlesは、市内の歴史的な場所で写真撮影に焦点を当てたイベント(夜行性の上映、展示会への訪問、討論、シンポジウム、パーティー、本の署名など)を提供しています。

前回の会議で最も重要な瞬間は次のとおりです。ヨーロッパの写真のアイデンティティの幅広いパノラマが提示されたヨーロッパの夜(2008)。フェスティバルの締めくくりの夜(2008年)のクリスチャンラクロワによるショーのパレード。ヴーエージェンシー20周年(2006年)を記念したパティ・スミスコンサート。

今年の夜

一年の夜は、Rencontresd'Arlesの必見のお祭りです。 Trinquetaille地区のPapeteriesÉtienneで開催されます。この週の最初の夜は、画像に関連するさまざまな芸術的実践を開きます。それは今年のお気に入りを提示し、アーティスト、機関、雑誌にライセンスを提供します...

一年の夜は約30回の公演のための9つのスクリーンです。イベントは、BYOPaper-Bring Your OwnPaper17キャンペーンで1日の終わりに始まります。文房具の壁にプリントを貼り付けるために40人のアーティストが選ばれました。

Rencontres d'Arlesの経営陣と写真ライフスタイル誌Fisheyeのチームで構成される審査員が、毎年40のプロジェクトを選出します。 2017年、PapeteriesÉtienneは、5,000人を超える訪問者が参加し、3回連続で今年の夜を開催しました。

 

アルル写真会議アルル写真会議

コスモス-アルルブックス

Cosmos-Arles Booksは、新しい編集慣行に捧げられたRencontresd'Arlesの衛星イベントです。過去15年間で、大判写真出版物、トレードブック、および電子書籍は、写真家やアーティストにとって重要な実験資料になりました。

写真は表現と普及の手段としてそこで再発見され、それに特有の形のハイブリッド性は間違いなくその最も豊かな表現の分野を見つけます。このエネルギーを具現化するために、コスモスアルルの本の芸術的方向性は、オリヴィエ・カブラとセバスチャン・ハウ(コスモス)、そしてレンコントル・ダルルのディレクターであるサム・シュトゥールゼに引き継がれます。

 

 

古代劇場での夜 

アルルのローマ劇場の屋外の夜の投影は、写真家または 写真スペシャリスト、コンサートやパフォーマンスを伴います。

毎晩、ユニークな創造の主題です。フェスティバルの2009年版では、8,500人の観客が古代劇場の夜に出席し、平均して1晩あたり2,000人の観客、閉会の夜と2,500人の観客が、タイガーリリーズコンサートを伴うナンゴールディンの性依存症のバラードの演奏に参加しました。 2013年版では、6,000人を超える観客が写真の投影で夜に出席し、1晩あたり約1,500人の観客が参加しました。

コロキウムと討論 アルル写真会議 

ミーティングの最初の週には、ミーティングとディベートが開催され、出席している写真家が自分の作品について話したり、展示された写真について一般の人々からの質問に答えたりすることができます。

したがって、これらのイベントの最新版は、さまざまな主題の写真に向けられています。今日でも、写真の白黒の美学を想像できますか? (2013)、ソーシャルネットワークは創造性と情報にどのように影響しますか? (2011)ブレイク、今日の写真の中心的な概念(2009)、写真の義務:自由または強制(2008)、写真市場の運営と変化(2007)…

 

のための写真ワークショップ アルル写真会議 

間の交換 プロの写真家 そして、すべてのレベルの開業医は、Rencontresd'Arlesの創設以来常に問題となっています。毎年、写真コースでは、参加者が写真の美的、倫理的、技術的問題に可能な限り近い個人的な創造的プロセスに従事することができます。

アルル写真会議アルル写真会議

写真のビッグネームは、定期的にレンコントルダルルの監督を訓練してきました:アッバス、ガイルケレック、ルネブリ、メアリーエレンマーク、ポールアルマシー、アントワーヌダガタ、マーティンパー、ジョアンフォンクベルタ、ジャンメジエールなど。

 

写真で学校に戻る

2004年以来、「写真で学校に戻る」イベントは、Rencontresd'Arlesによって開発された教育政策の中心となっています。 9月の最初の2週間、CPからマスターまでの学生が専門の仲介者によって監督されている展示会を訪れます。

フェスティバルプログラムに基づいて、このイベントは若者に視覚芸術を紹介することを目的としており、文化的民主化のより広範な政策の一部です。実際、「写真で学校に戻る」は数千人の学生に影響を与える可能性があり、そのかなりの数が初めて現代美術の世界に参入しています。

 

ルマデートダミーブックアワード

2015年、Rencontres d'Arlesは、モデルブックの出版に対してプロモーション賞を発表しました。 25,000ユーロの制作予算で、この新しい賞は、これまで出版されたことのない本のモデルの提案に写真を使用する新進の写真家やアーティストに開かれています。受賞版の制作は、フェスティバル終了後の秋に始まり、次の版のRencontresd'Arlesで発表されます。

フォトフォリオレビュー&ギャラリー

2006年に立ち上げられたPhotoFolio Review&Galleryは、フェスティバルの最初の週に写真家のポートフォリオの読み物を提供し、Rencontresd'Arlesの間に彼らの画像を展示する可能性を提供します。これらの読書の間、写真家は、出版社、キュレーター、機関のディレクター、代理店のディレクター、ギャラリーの所有者、コレクター、批評家、芸術監督など、さまざまな分野の国際的な写真専門家が作品を利用できるようにします。

 

 

Rencontresd'Arles賞

2002年の創設以来、Rencontres d'Arles Awardsは、Rencontresd'Arlesで新しい才能を発見することを可能にしてきました。彼らの公式は2007年に開発され、3つの年次賞を保持し、夏の間アルルで授与され、フェスティバルの特別週の閉会式で授与されました。ディスカバリー賞(25,000ユーロ)、Prix du Book(8,000ユーロ)の著者、歴史賞本賞(8,000ユーロ)2015年版では、新しい賞であるフォトテキスト賞(6,000ユーロ)が贈られます。

 

アルル写真会議の予算 

2015年版の会議の予算は700万ユーロで、そのうち38%は公的資金から、43%は自己収入(主に発券とデリバティブ)から、17%はスポンサーシップと民間パートナーシップからのものでした。

アルル写真会議

 

Les expositions par Année 

2010 : 41e エディション(7月3日〜9月19日)

アルゼンチンウォーク :レオン・フェラーリ、マルコス・アダンディア、レアンドロ・ベラ、マルコス・ロペス、セバスティアーノ・マウリ、ガブリエル・バランシ、 ロックウォーク :ミック・ジャガー、ジーン・ピゴッツィ、クロード・ガシアン、 私は決まり文句ですパンクの美学のエコー、アンディ・ウォーホル、ビリー・ネーム、スティーブン・ショア、ロバート・メイプルソープ5、Dan Graham、Peter Hujar、David Wojnarowicz、Bruce Conner、 すべてのモンスターを破壊する、スー・リンスキー、デビッド・ラメラス、デニス・モリス、ジェイミー・リード、アルバム・カバー、リンダー、アラン・ディスター、ロバート・マラバル、 これからの美しい一日、Katharina Sieverding、Rhona Bitner、CélesteBoursier-Mougenot、Christian Marclay、Meredith Sparks、Wolfgang Tillmans、 

フィルムウォーク :エルンスト・ハース、 シュート!実存的な写真、ミシェルカンポー、 クリアルーム、写真のメモポラロイドが危険にさらされています!、チャン・ダリ、アウグスト・フェラーリ、 自画像写真家、彼らはどこにいますか?

ルマ財団の友達と一緒に歩く :Fischli / Weiss、Luke Fowler / Peter Hutton、Discovery Award 2010、Tom Eccles、Anne Colier、Liz Deschenes、Roe Ethridgeによるアーティスト、Liam Gillickによるアーティスト、Marlo Pascual、Gilad Ratman、Solmaz Shahbazi、HansUlrichによるアーティストObrist&Philippe Parreno、Hans Peter Feldmann、Shannon Ebner、Kazuo Shinohara、Taryn Simon、Trisha Donnelly、Darius Khondji、Beatrix Ruf、Annette Kelm、Elad Lassry、Leigh Ledare、Author's Book Award、Historical Book Award 2010、 

目撃者の通路が歩く : マリン・カルミッツコレクションの旅、フランス14、ReGeneration2、パオロ・ウッズ、ENSP(2010年のクラス)、SFRの若い才能、リー・ゴルダ・ホルターマン、 

散歩の外 : スクープなし、Téléramaカルチャーカバー、Ivan Mikhailov、 クリックとクラスウォーククリエイト、マリオジャコメリ、Klavdij Sluban、 1950-2010:ピクトは60歳です、Patrick Bouchain、FrançoisDeladerrière、Galerie Vu '、FrançoisHalard、Peter Klasen、Pierre Jahan

 2011 : 42e エディション(7月4日-9月18日)

クリス・マルケル、ニューヨーク・タイムズ、ロバート・キャパ、ペンティ・サンマッラハティ、JR、ワン・チンソン、ダルチェ・ピンゾンの写真、…

 2012 : 43e エディション(7月3日〜9月23日)

ENSPの30年、Josef Koudelka、Amos Gitai、Klavdij Sluban&Laurent Tixador、Arnaud Claass6、グレゴワール・アレクサンドル、エドゥアール・ボー、ジャン・クリストフ・ベシェ、オリヴィエ・カブラ、セバスチャン・カルベット、モニーク・デレギバス&アルノ・ギシンガー、ヴィンセント・フォーニエ、マリーナ・ガドネックス、ヴァレリー・ジューヴ、サンヒー・リー、イザベル・ル・ミン、ミレイユ・ループ、アレクサンドル・モーベール、メディJan Mulder、Alain Desvergnes7、Olivier Metzger、JoséphineMichel、ErwanMorère、Tadashi Ono、Bruno Serralongue、Dorothee Smith、Bertrand Stofleth&Geoffroy Mathieu、PéturThomsen、Jean-Louis Tornato、Aurore Valade、Christian Milovanoff8,

2013 : 44e エディション(1er 7月-9月22日)

杉本博司、セルヒオ・ラレイン、ギイ・ブルダン、アルフレド・ジャー9、ジョン・スティザカー10、ヴォルフガング・ティルマンス11、ヴィヴィアン・サッセン12、Jean-Michel Fauquet、Arno Rafael Minkkinen、Miguel Angel Rojas、Pieter Hugo13、Michel Van den Eeckhoudt、Xavier Barral14、ジョン・デイビス、アントワーヌ・ゴニン15、Thabiso Sekgala、Philippe Chancel、RaphaëlDallaporta、Alain Willaume、Cedric Nunn、Santu Mofokeng、Harry Gruyaert、Jo Ractliffe、Zanele Muholi、Patrick Tourneboeuf、Thibaut Cuisset、Antoine Cairns、Jean-LouisCourtinat、Christina Nauczyciel、Jacques Henri Lartigue、Pierre Jamet、Raynal Pellicer、Studio Fouad、Erik Kessels

 2014 : 45e エディション(7月7日〜9月21日)

  • 展示会:ルシアン・クレルグ、クリスチャン・ラクロワ、レイモン・ドゥパルドン、レオン・ギンペル、デビッド・ベイリー、ヴィック・ムニーズ、パトリック・スウィルク、デニス・ルーブル、ヴィンセント・ペレス、チェマ・マドス、エリス・マザック、ロバート・ドロウィラル、アヌーク・デュラン、レフィク・ヴェセイ、プルラット・スロ、カチュIlit Azoulay、Katharina Gaenssler、Miguel Mitlag、Victor Robledo、Youngsoo Han、Zhang Kechun、Pieter Ten Hoopen、Will Steacy、Kudzanai Chiurai、Patrick Willocq、Ciril Jazbec、Milou Abel、Sema Bekirovic、Melanie Bonajo、Hans de Vries、Hans Eij Erik Fens、Jos Houweling、Hans van der Meer、Maurice van Es、Benoit Aquin、Luc Delahaye、Mitch Epstein、Nadav Kander

 2015 : 46e エディション(7月6日〜9月20日)

  • 芸術監督:SamStourdzé
  • 展覧会:ウォーカー・エヴァンス、スティーブン・ショア、ロバート・ベンチュリ、デニス・スコット・ブラウン、トゥーン・ミシェルズ、オリヴィエ・カブラ、マルクス・ブルネッティ、ポール・ロナルド、サンドロ・ミラー、細江英公、深瀬昌久、森山大道、内藤正敏、須田一世、井瀬幸、野村咲子、横田大輔、マーティン・グシンデ、パオロ・ウッズ、ガブリエレ・ガリンベルティ、ナターシャ・カルアナ、アレックス・マヨリ、パオロ・ペレグリン、アンブロワーズ・テゼナス、ティエリー・ブエ、アンナ・オルロウスカ、ヴラド・クラスノシュチョク、セルギ・レベディンスキー、ヴァディム・トリコズ、リサ・バーナード、ロバート・ザDelphine Chanet、Omar Victor Diop、Paola Pasquaretta、NiccolòBenetton、Simone Santilli、DorothéeSmith、Rebecca Topakian、Denis Darzacq、Swen Renault、Paolo Woods、Elsa Leydier、Alice Wielinga、CloéVignaud、Louis Mattonet Pablo Mendez

 2016 : 47e エディション(7月4日-9月25日)

  • 芸術監督:SamStourdzé
  • 展示会:シド・グロスマン、イーサン・レビタス、ギャリー・ウィノグランド、ピーター・ミッチェル、イーモン・ドイル、ウィリアム・クライン、クリスチャン・マークレイ、バーナード・プロス、チャールズ・フレーガー、サラ・ガルビアティ、ピーター・ヘレス・エリクセン、トビアス・セルネス・マルクセン、モード・スルター、ライア・アブリル、ピエロ・マルティネッロ、ジョアンPina、StéphanieSolinas、Yan Morvan、Alexandre Guirkinger、Don McCullin、PJ Harvey&Seamus Murphy、Yann Gross、AlinkaEcheverría、Maurizio Cattelan&Pierpaolo Ferrari、Augustin Rebetez、Frank Berger、Stephanie Kiwitt、Basma Alsharif、Daisuke Yoko Christodoulos Panayiotou、Nader Adem、Sarah Waiswa、Beni Bischof、Sara Cwynar

 2017 : 48e エディション(7月3日〜9月19日)

  • 芸術監督:SamStourdzé
  • 展覧会:ジョエル・メエロウィッツ、マイケル・ウルフ、オードレイ・トトゥ、ケイト・バリー、ロジャー・バレン、マリー・ボヴォ、マシュー・アセリン、ギデオン・メンデル、カールハイム・ワインバーガー、サミュエル・グラタキャップ、マシュー・ペルノ、ニールス・アッカーマン、セバスチャン・ゴーバー、イヴ・ショードウエ、ギヨーム・エルバDominique Auerbacher、Gabriele Basilico、Alain Ceccaroli、Despatin&Gobeli、Robert Doisneau、Tom Drahos、PierredeFenoÿl、Jean-Louis Garnell、Albert Giordan、FrançoisHers、Josef Koudelka、Christian Milovanoff、Sophie Ristelhueber、Holgerhueber Rihet、Masahisa Fukase、JuliánBarón、Ricardo Cases、Federico Clavarino、David Hornillos、Alejandro Marote、ÓscarMonzón、Bernardita Morello、Miren Pastor、Michele Tagliaferri、Fosi Vegue、Antonio M. Xoubanova、JulieBalagué、Vincent Fillon、Bruno Font Noviel、Camille Richer、Meead Akhi、Azadeh Akhlaghi、Ali&Ramyar、Saba Alizadeh、Hoda Amin、Hawar Amini、Abbas Attar、Fatemeh Baigmoradi、Dadbeh Bassir、Erfan Dadkhah、Solmaz Daryani、Gohar Da shti、Alireza Fani、Hamed Farhangi、Arash Fayez、Shadi Ghadirian、Jassem Ghazbanpour、Azin Haghighi、Ghazaleh Hedayat、Bahman Jalali、Rana Javadi、Poolad Javaher Haghighi、Alborz Kazemi、Babak Kazemi、Kaveh Kazemi、 、Gelareh Kiazand、Abbas Kowsari、Yalda Moaiery、Sasan Moayyedi、Mehran Mohajer、Mehdi Monem、Amir Mousavi、Sahar Mokhtari、Tahmineh Monzavi、Mehran Naghshbandi、Azin Nafarhaghimaghi、Nikrahoo Nafarhaghimaghi&Mortrahoo Nafarhaghimaghi&Nikrahoo Zaker Zamezamezamezamezamezamezamezamezamezamezamezamezamezamezamezamezamezamezamezamezamezamezamezamezamezamezam Rastani、ガザレーレザエイ、Behnam Sadighi、マジッド・サイーディ、オミドSalehi、ハサンSarbakhshian、ジャラルセファー、バフラムシャバニ、Noushin Shafiei、ハシェムShakeri、ジャラルシャムスAzaran、シーナシュリ、アーヤTabandehpoor、Takhazamdi Tabateehpoor、Takhazamdi Tabatian Tirafkan 、Mehdi Vosoughnia、Mohsen Yazdipour、Hasti Zahiri、Maryam Zandi

 2018 : 49e エディション(7月2日〜9月23日)

  • 芸術監督:SamStourdzé
  • 展覧会:ウィリアム・ウェグマン、ロバート・フランク、レイモン・ドゥパルドン、ポール・グラハム、テイザー・バトニジ、ローラ・エノ、マイケル・クリストファー・ブラウン、ジェーン・イブリン・アトウッド、グレガー・ザイラー、バプティスト・ラビション、アン・レイ、ルネ・ブリ、ジャン・リュック・ゴダール、ドミトリー・マルコヴェット・ピカソ。

2019 : 50e エディション(7月1日〜9月22日)

  • 芸術監督:SamStourdzé
  • 展覧会:エドワード・ウェストン、ルシアン・クレルグ、イブ・アーノルド、アビゲイル・ヘイマン、スーザン・メイセラス、ヘレン・レヴィット、リブシェ・ヤルコフヤコヴァ、アルベルト・ガルシア・アリックス、オウカ・リーレ、パブロ・ペレス・ミンゲス、ミゲル・トリロ、トム・ウッド、イン・アン、マシュー・カスティール、Yvonne De Rosa、Isa Ho、Chia Huang、Hou I-Ting、DominiqueLaugé、Manuel Rivera-Ortiz、EvangelíaKranióti、Man Ray、Germaine Krull、Berenice Abbott、LászlóMoholy-Nagy、Florence Henri、Claude Martin-Rainaud、Philippe Chancel、Randa Mirza、Camille Fallet、Guillaume Simoneau、LaurenceAëgerter、Lionel Astruc、Erick Bonnier、Marjan Teeuwen、Pixy Liao、Yann Pocreau

の展示会 2000年代

2000 : 31e 編集

ティナ・モドッティ、ヤコブ・タグゲナー、ピーター・サカー、深瀬昌久、ハーバート・マター、ロバート・ハイネッケン、ジャン・ミシェル・アルベロラ、トム・ドラホス、ウィリー・ロニス、フレデリック・ソマー、ルシアン・クレルグ、ソフィ・カル…

2001 : 32e 編集

ルック・ドラエ、パトリック・トサニ、ステファン・クチュリエ、デビッド・ローゼンフェルド、ジェームズ・ケイベレ、 ピーターリンドバーグ、ジョナサン・アッボウ..。

2002 : 33e エディション(7月6日〜9月8日)

Guillaume Herbaut、Baader Meinhof、Astrid Proll、Josef Koudelka、Gabriele Basilico、Rineke Dijkstra、Lise Sarfati、Jochen Gerz、CollectionOrdoñezFalcon、Larry Sultan、Alex Mac Lean、Alastair Thain、Raeda Saadeh、Zineb Sedira、Serguei Tchiアレクセイ・ティタレンコ、アンドレアス・マグダンツ、ソフィー・リステルヒューバー…

 2003 : 34e エディション(7月5日〜10月12日)

コレクションClaudeBerri、Hou Bo4、Lin Tianmiao&Wang Gongxin、Xin Danwen、Gao Bo、Shao Yinong&Mu Chen、Hong Li、Hai Bo、Chen Lingyang、Ma Liuming、Hong Hao、Naoya Hatakeyama、Roman Opalka、Jean-Pierre Sudre、Suzanne Lafont、Corinne Mercadier 、Adam Bartos、Marie Le Mounier、YvesChaudouët、Galerie VU、Harry Gruyaert、Vincenzo Castella、Alain Willaume、FrançoisHalard、Donovan Wylie、JérômeBrézillon&Nicolas Guiraud、Jean-Daniel Berclaz、Monique Deregibus、Yous

 2004 : 35e エディション(7月8日〜9月19日)

Dayanita Singh、The Lodz Ghetto Archives、Stephen Gill、Oleg Kulik、Arsen Savadov、Keith Arnatt、RaphaëlDallaporta、Taiji Matsue、Tony Ray-Jones、Osamu Kanemura、Kawauchi Rinko、Chris Killip、Chris Shaw、Kimura Ihei、Neeta Madaharブロイアー、ハンス・ファン・デル・メール、ジェームズ・モリソン、クリス・キリップ、マシュー・ペルノ、ポール・シャンブルーム、ケイティ・グラナン、ルシアン・クレルグ、AES + F、GyörgyLörinczy…

 2005 : 36e エディション(7月5日〜9月18日)

コレクションWilliamM。Hunt、Miguel Rio Branco、Thomas Dworzak、Alex Majoli、Paolo Pellegrin、Ilkka Uimonen、Barry Frydlender、David Tartakover、Michal Heiman、Denis Rouvre、Denis Darzacq、David Balicki、Joan Fontcuberta、ChristerStrömholm、Keld Helmer ..。。

s 2006 : 37e エディション(7月4日〜9月17日)

フランスのコレクションによるアメリカの写真、ロバート・アダムス、コーネル・キャパ、ギルス・カロン、ドン・マッカラン、ガイ・ル・ケレック、スーザン・マイゼラス、ジュリアン・チャプサル、マイケル・アッカーマン、デビッド・バーネット、リセ・サルファティ、ソフィー・リステルヒューバー、ドミニク・イッサーマン、ジャン・ゴーミー、ダニエル・アンジェリ、 Paul Graham、Claudine Doury、Jean-ChristopheBéchet、David Goldblatt、Anders Petersen、Philippe Chancel、Meyer、Olivier Culmann、Gilles Coulon、Gilles Leimdorfer、…

2007 : 38e エディション(7月3日〜9月16日)

マグナム・フォトの60年、ケーニヒスヴァルターのパノニカ、ル・スタジオ・ズバー、アルカジ・コレクションのインドのアルバム・コレクション、アルベルト・ガルシア・アリックス、ラグー・ライ、ダヤニタ・シン、ノニー・シン、スニル・グプタ、アナイ・マン、パブロ・バーソロミュー、バーラト・シッカ、ジーティン・シャルマ、Siya Singh、Huang Rui、Gao Brothers、RongRong&inri、Liu Bolin、JR…

2008 : 39e エディション(7月8日〜9月14日)

リチャード・アヴェドン、グレゴワール・アレクサンドル、ジョエル・バルトロメオ、アチント・バドラ、ジャン・クリスチャン・ブルカート、サミュエル・フォッソ、シャルル・フレジェ、ピエール・ゴノルド、フランソワーズ・フギエ、グレゴワール・コルガノウ、 ピーターリンドバーグ、Guido Mocafico、Henri Roger、Paolo Roversi、Joachim Schmid、Georges Tony Stoll、Patrick Swirc、Tim Walker、Vanessa Winship、Marikel LAHANA、Sung-Hee Lee、ChristopheMattern…

2009 : 40e エディション(7月7日〜9月13日)

Robert Delpire、Willy Ronis、Jean-Claude Lemagny、Lucien Clergue、Elger Esser、Roni Horn、Duane Michals、Nan Goldin(ゲストオブオナー)、Brian Griffin、畠山直哉、JHEngström、David Armstrong、Eugene Richards、Martin Parr、Paoloノゾリーノ…

 


 

エリックCANTO写真家:コンサートの写真、ポートレート、アルバムカバー。

 

私のポートフォリオにアクセス ブログにアクセス お店に行く 私に連絡して

 

あなたが興味を持つかもしれない他の記事:
ニームのコンサートアリーナ
ニームのコンサートアリーナ

Concert arènes de Nîmes 2021 : de nombreux artistes ont été annoncés . Depuis 1997, le Festival de Nîmes a 続きを読む

パロマニーム:部屋を発見する
paloma-nimes-photyograph-concert

Je vais souvent shooter à la salle Paloma Nîmes. Une programmation de qualité et 2 salles de concert récentes et 続きを読む

2021年のニーム祭
2020年のニームフェスティバル

Présentation du Festival de Nîmes 2021 Le Festival de Nîmes réunit chaque été les amoureux de la musique depuis maintenant plus 続きを読む

ヘルフェスト2021プログラム
ヘルフェスト2020プログラム

Hellfest  programme 2021 C'est la société Bicom qui depuis maintenant 15 ans, réalises les affiche du festival Hellfest. Sur les 続きを読む

幸せ 隠れる
ja日本語
お店に行く