デビッドベイリーと60年代

1960年代、デイヴィッド・ベイリーは彼の新しい自伝で私たちに1965年頃に終わったと言います。カレンダーはそうではないと言うかもしれません。しかし、少なくとも60年代のスウィンギングロンドン時代のモッズ、モノクロ、オーダーメイドのバージョンに関しては、真実の音があります。結局のところ、ベイリーは知っておくべきです。彼は10年を発明したと控えめに主張している。

 

デビッドベイリー:もう一度見てください

デビッドベイリー:もう一度見てください

1962年にモデルのジーンシュリンプトンと一緒にニューヨークを訪れ、ヴォーグの撮影を行ったところ、レーニンがフィンランドの駅に到着したという伝説的な特質のいくつかが引き継がれました。革命の幕開けとなった瞬間です。

*彼女のテクニックがいかに革新的であったかを誇張することは可能です-ヴォーグはトレンドを記録するために存在し、それらを定義することはめったにありません-しかしその影響は歴史的です。以前は、雑誌のページは、高慢なモデルが「蝶を捕まえる」や「タクシーを呼ぶ」などの一般的なポーズをとる風光明媚な撮影によって支配されていました。

対照的に、ベイリーのシュリンプトンの写真は、粒子の粗い35mmフィルムで自然な設定で彼女を示しました。彼らはヴォーグを文化の新しい一般的な精神と一致させました-フランスのニューウェーブ映画製作者のゲリラ撮影スタイルで。台所の流しのリアリズムの深刻さで;特に「ヤング・アイディア」では、若者によって定義された10年で成熟するであろう曖昧な用語です。服はほとんど偶然でした。彼がこの本で何度も主張しているように、それは若い女の子のものでした。

 

デビッドベイリー:もう一度見てください

デビッドベイリー:もう一度見てください

 

ベイリーは肖像画の一形態としてファッション写真にアプローチしましたが、彼の肖像画はファッションを定義していました。それらの人々の多くは彼女の友人(ミック・ジャガー、テレンス・スタンプ、マイケル・ケイン)、さらに多くの彼女の恋人(シュリンプトン、カトリーヌ・ドヌーブ、ペネロペ・ツリー)であり、すべて彼女の独特の対照的なスタイルで無地の白い背景に対して撮影されました。

(彼はリチャード・アヴェドンによって指摘しようとしましたが、デイリー・エクスプレスの新聞用紙により大きな影響を与えるために彼のメンターであるジョン・フレンチによって開発されました。)生の、フィルタリングされていない画像は、彼の主題との本能的な関係を物語っています。 、その素朴で際どい魅力によって築かれたつながり。

自伝というよりは回想録のようなもので、LookAgainは奇妙な出来事です。それも生でフィルタリングされていません。文章はぎくしゃくしています。スタイルは粗雑でデモティックです。構造は、私たちがベイリーと一緒に座って彼の記憶を聞いているような、一種の意識の流れです。

 

デビッドベイリー:もう一度見てください

デビッドベイリー:もう一度見てください

 

これは驚くべきことではありません。 写真 est dyslexique et a réalisé le livre avec l’aide de l’historien de l’art James Fox, décrit ici non pas comme un nègre mais comme son « collaborateur ».

Comme un ensemble de pinces bulldog utilisées par un styliste de mode pour améliorer la coupe d’un vêtement, Fox a la tâche peu enviable d’imposer une sorte de forme aux réminiscences informes de Bailey, en restant invisible tout le temps.

まだ見ていることは、それに関しては最も刺激的です ベイリーの子供時代 1940年代。強い場所の感覚と細部を伝える目があります。ドールハウスのように内部が露出した建物を爆撃しました。特別な訪問者のために予約されたプラスチックで覆われた家具のある冷蔵室。イーストエンドライフのカジュアルな残忍さ。

(上司の仕立て屋である彼の父親は、若い凶悪犯が彼の顔を斬ったとき、生涯にわたってブランド化されました。加害者の身元は数十年の間ベイリーから差し控えられましたが、それはギャングのレジナルド・クレイでした。彼の結婚式の写真は1965年に撮影されました。)

 

デビッドベイリールックアゲイン5

On peut dire à peu près la même chose de sa période en poste dans ce qui était alors la Malaisie en service national avec la RAF; tandis que le reste de la caserne était orné de pin-up coquines, une affiche de Picasso était suspendue au-dessus de la couchette de l’aviateur Bailey.

Les années 60, naturellement, occupent la part du lion du livre, mais ici, le style narratif dégressif de Bailey joue contre lui.

Les pages sont riches d’anecdotes – apprendre au danseur de ballet Rudolf Noureev à faire le twist, se faire arrêter par la police avec un python dans le coffre de sa Rolls-Royce – dont certaines seront déjà familières aux aficionados de l’homme et son travail.

Mais quelque part en cours de route, le sens du lieu, et pire encore, de l’époque, se dissipe. Le livre prend une allure presque picaresque, une séquence brumeuse d’incidents dans lesquels notre héros, tel un Moll Flanders masculin ou le protagoniste d’un roman de Fielding, ricoche d’amant en amant.

 

デビッドベイリールックアゲイン3

私たちはシュリンプトンからデヌーブ(彼は賭けのために結婚した)、ツリー、マリーヘルビン、そして最終的には1986年のルックアゲイン以来の妻であるキャサリンダイアーに、演劇の台本として転写された対話のセクションに行きました。彼らの出来事の記憶は、ベイリーのものと常に一致するとは限りません。

ある意味で、この混沌とした物語は1960年代後半の問題を思い起こさせます。この若者に取りつかれた10年の間に目立つようになった多くの著名人は、ジレンマに直面しています。シンプルな有名人で。

1965年、ベイリーは間違いなく有名人でした。ブローアップアントニオニアの主人公は彼のロールモデルで有名でしたが、ベイリーは彼の架空の相手のマニアックな「うん、ベイビー!」を嘆きます。マニエリスム-より適切なのは、 スタジオ撮影者 チェルシーから。 (「彼はとても正方形でした、デビッド・ヘミングス。テレンス・スタンプがあったほうがよかったでしょう。」)その後の数十年は、彼が新しい目標を探しているように少し感じました。

 

デビッドベイリールックアゲイン2

彼は時々彼のクライマックスが現在であると主張するすべてにもかかわらず、ベイリーがそれを成し遂げたかどうかは明らかではありません。彼は彼の最大のヒットのいくつかをリストします-1985年の公式ライブエイドフォトグラファー、モデルのコートがキャットウォークに血をこぼす印象的な毛皮対策コマーシャル、オリンパスカメラの一連のコメディテレビコマーシャル-しかし、前の章は消えました。

Dans sa crudité et son manque de vernis, son insistance sur le fait que tout tourne autour de la fille, Look Again évoque sans effort l’homme et son travail. Il est donc regrettable qu’il souffre par endroits de quelque chose que sa photographie d’une netteté irréprochable n’a jamais fait : un étrange manque de mise au point.

Look Again de David Bailey est publié par Mac millan .

デビッドベイリーは誰ですか?

デビッドベイリーは 英語のファッション写真家 surtout connu pour ses images de célébrités, de mannequins et de musiciens. Bien qu’il soit également connu pour son livre de photographie NWI (1982), qui documente le processus de gentrification dans les quartiers londoniens de Primrose Hill et Camden.

Né le 2 janvier 1938 à Londres, Royaume-Uni, Bailey a abandonné ses études secondaires pour servir dans la Royal Air Force où il a développé un intérêt pour la photographie d’ Henri Cartier-Bresson .

イギリスに戻ると、ベイリーはジョン・フレンチのアシスタントファッションフォトグラファーとして働き始めました。 1960年代から1970年代にかけて、ジーンシュリンプトン、カトリーヌドヌーブ、マリーヘルビンとの一連の注目を集めた結婚の後、アーティストはマスコミの注目を集めました。

1965年に、彼は最初の写真集Box of Pin-Upsを出版しました。これは、ミックジャガー、ビートルズ、ツイギー、アンディウォーホル、その他いくつかの人物を描いた白黒画像のコレクションです。

デビッドベイリールックアゲイン10

 

ベイリーは、エリザベス2世女王から大英帝国勲章の司令官の称号を授与され、2016年には、ニューヨークの国際写真センターから生涯功労賞を受賞しました。

アーティストの写真は、ロンドンのナショナルポートレートギャラリーとビクトリアアンドアルバート博物館のコレクションに保管されています。ベイリーは現在、英国のロンドンに住み、働いています。

 

ガーディアンの意見

1960年にバッキンガムシャーの200エーカーの農場を購入し、2人の娘を地元の最高の修道院学校に送った独学のビルダーであるエドワードシュリンプトン氏の眠れない夜を考えてみてください。まず、彼女の長男である18歳のジャンは、彼女の「魅力的な」写真を撮ったイーストエンダーの既婚男性に恋をします。

 

そして、それだけでは不十分であるかのように、彼女の末娘のクリシーは大学生と付き合っています。大学生の就職の見込みは、まだレコードをリリースしていないバンドにいるようです。干し草の納屋にいるデイヴィッド・ベイリーと奥の寝室にいるミック・ジャガーの見通しに直面して、エドワード・シュリンプトンは誰が最初にショットガンを向けるかを決めることができなかったようです。

 

デビッドベイリールックアゲイン9

60年後、ジーン・シュリンプトンとベイリーは、少なくともその後の10年間の自由奔放な絵が作成された、初期のリエゾンのスリルを呼び起こすことができます。

 

Pour autant qu’ils s’en souviennent, ils n’ont jamais fait d’interview ensemble au cours des années où ils se sont rendus célèbres, alors quand ils s’assoient ici, au cœur des mémoires prévisibles et candides de Bailey, c’est comme s’ils reconstituaient de petits fragments d’un fantasme partagé.

le shooting phare de Vogue à New York, emmenant la mode studio dans la rue, lui apportant des fleurs, et les portant sans gêne, leur premier sexe, sur Littleton Common (« ah oui, je m’en souviens bien »). « Il m’a fallu trois mois pour faire passer ma jambe », se souvient Bailey, pour souligner sa bravoure.

この話の多くは、私たちの検閲の時代の外国のように読めます。この本であなたがすでに知っていると思うかもしれないことはたくさんありますが、それをおなじみのものより上に置くのは、ベイリーが彼がいた人々の何人かに対して彼の記憶をテストしているのを聞く記録されたセグメントです。元妻、カトリーヌ・ドヌーヴとマリー・ヘルビン、現在の妻、キャサリン・ダイアー、そして他の多くの友人や恋人。

 

デビッドベイリールックアゲイン7

 

De cette façon, James Fox, le nègre de Bailey, fait de ce qui pourrait être un exercice d’auto-mythologie quelque chose de beaucoup plus brut et surprenant (en ce sens, le livre fait un digne successeur des derniers efforts de Fox en tant que « fantôme » pour Keith Richards’s Life).

Parfois, il laisse libre cours au personnage cockney non reconstruit de Bailey, mais en l’écoutant en compagnie de vieux amis et de vieux amants, nous l’entendons également confronter et examiner certains moteurs plus complexes de sa créativité priapique.

Cela remonte en grande partie à l’enfance du photographe. Fox le sonde et le presse au sujet de sa relation avec ses parents, sa mère en colère et son père capricieux – il était l’accident qui a imposé leur mariage horriblement malheureux – et laisse ce rationnement d’affection en temps de guerre expliquer une partie de l’agitation légendaire de Bailey.

Bailey fait remonter son œil pour la beauté féminine à l’après-midi de 1948 lorsqu’il est allé avec sa mère et sa tante lors de leur voyage annuel dans le West End et à Selfridges pour essayer les robes qu’ils ne pouvaient jamais se permettre, avant de rentrer chez eux pour courir. des versions d’entre eux sur leurs machines à coudre.

そんなある時、母親はディオール風のドレスを着て、逆光のデパートの窓の前を向いた。9歳のベイリーは頭の中で最初の写真を撮った。

Il a conservé cette image, semble-t-il, même s’il était traité de stupide tous les jours à l’école (il est parti à 14 ans et a reçu un diagnostic de dyslexie à 30 ans) et à travers des emplois qui comprenaient un passage en tant que collecteur de dettes dans l’East End à ses adolescents.

Il était, selon son plus vieil ami, Danny O’Connor, jamais sans «le regard de Bailey» apparemment voir des choses chez les gens – les femmes – qu’ils se voyaient à peine eux-mêmes.

Le regard lui a causé beaucoup d’ennuis, se faisant battre par des voyous locaux, « les garçons Barking », dont il a regardé les petites amies, mais c’était aussi son attirance presque indéfectible. Il n’a jamais douté de ce don. « Ma mère avait l’habitude de dire : ‘Tu finiras comme nous tous, à conduire le bus 101’ », se souvient-il.

« Je me suis dit ‘Je ne le ferais pas.’ » Une grande partie de cette histoire, et une grande partie du comportement qu’elle décrit, se lit comme un pays étranger à notre époque de censure. Comme le dit l’assistant de longue date de Bailey, John Swannell : « Quel que soit le voyage dans lequel il était, il est allé chercher le modèle et 99% du temps, il les a fait craquer. »

 

これらのページに登場する多くの元恋人の中には、この注意が望まれていなかったという示唆はありません。フォックスの微妙な物語は、ベイリーの目を通してそれがどのように見えるかを見ることができ、時にはそのファインダーの端を見ることができます。

 


エリックCANTO写真家:コンサートの写真、ポートレート、アルバムカバー。

私のポートフォリオにアクセス ブログにアクセス お店に行く 私に連絡して

 

 

あなたが興味を持つかもしれない他の記事:
Limp Bizkit : la story depuis 1997
Limp-Bizkit

Pivot de la scène nu-métal de la fin des années 90, Limp Bizkit a fait connaître le rap au grand 続きを読む

The Beatles: Get Back, tout ce que vous devez savoir
The Beatles Get Back 1

Le prochain documentaire "The Beatles: Get Back" réalisé par Peter Jackson offrira un regard révélateur sur le groupe. Voici ce 続きを読む

NIRVANA:90年代のサウンドトラック
涅槃

90年代が映画の場合、サウンドトラックは100 %Nirvanaになります。カート・コバーンの頃、 続きを読む

ギブソンレスポール:神話の100年
ギブソンレスポール

ギブソンレスポール:神話の物語ギブソンは、おそらく世界で最も象徴的なギターブランドであり、 続きを読む

ja日本語