フォトアートプリントとポスター:違いは何ですか?

アートプリントとは、元の写真を100部または100,000部複製したものです。

多くの場合、これらのプリントは、元のソースからの画像を転送して作品のファインアートプリントを作成する、いわゆる写真機械プロセスを使用して大量生産されます。

 

写真のファインアートプリントはオリジナルとどう違うのですか?

ファインアート写真プリントとオリジナルの主な違いは、オリジナルのアートワークがアーティストによる手作りの作品であるということです。このため、写真のファインアートプリントは、この種のまったくユニークな作品を提供します。

ファインアート写真プリントとは、複製されないプリントを30部印刷することです。 フォトファインアートプリントは、30部の認定コピーに制限されています、番号と署名。印刷は、芸術作品の印刷を専門とする研究所によって行われます。光にさらされると、古典的なプリントとは異なり、非常に長い寿命があります。

私たちは芸術作品について話している、その海岸は同時に登ることができる 写真家 このプリントはアーティストのオリジナルと見なされるためです。

NS sites de vente de photos en ligne comme イエローコーナー、同じ写真の何千ものコピーを提供します。これを写真の複製といいます。これらの複製は写真のファインアートプリントではなく、費用がかからず、時間の経過とともに価値が得られることはありません。

フォトアートプリント

フォトアートプリント

 

▶▶ なぜフォトアートプリントを購入するのですか?

◼写真家の海岸と同時に登ることができる芸術作品をあなたの家に持ってください。

◼印刷の品質(インク、紙、サポートなど)のおかげで、長持ちする作品を購入できます。

◼価値の保証。署名と番号が付けられた、本物の証明書を伴う30部限定の作品。

◼フォローしている写真家の芸術作品をサポートする

 

フォトアートプリント

フォトアートプリント

 

ファインアートプリント:それは何ですか?

ファインアートプリントは、によって署名された写真プリントです アーティストの写真家、印刷され、限られた数の部数、最大30で番号が付けられます。

ファインアートプリントは、クラシックプリントとは何の関係もありません。実際、アートプリントは、芸術作品の印刷を専門とするラボによって作成されています(ルーブル美術館、MOMA、 ME P NS ...)

 

ファインアートプリントと協会

ファインアートプリントは、さまざまな素材の関連付けの結果でもあります。

-最大のアートペーパーメーカーによって製造された、時間に強い天然繊維で作られた中性pHの紙。

-ハイエンド顔料インク。

-マスター射手のノウハウ。

-優れた品質のサポート。

-そして最後に、作品の作者によるレンダリングの検証。

光にさらされたアートプリントは、数年後に色あせてしまう古典的なプリントとは異なり、100年近くの寿命があります。

 

フォトアートプリント

 

では、なぜアートプリントを購入するのでしょうか。

アートプリントとは何かを理解し、その価値を理解したところで、なぜそれを購入するのですか?

-作品を購入したいのなら、それはあなたにインスピレーションを与え、あなたが好きで、おそらくあなたのインテリアを素晴らしく飾るからです。

-フォローしている写真家の芸術作品をサポートします。今日では、アーティストの作品をサポートすることはアートもサポートしています。即時消費の社会では、作品を購入することで、芸術家は自分の芸術を発展させるために費やした時間の中で生き、お金を払うことができます。

-印刷の品質(インク、紙、サポートなど)のおかげで、遺贈できる作品を購入できます。

-そして最後に、それは投資でもあります、あなたはあなたの家に芸術作品を持っているでしょう、それは写真家のそれと同時に海岸が登ることができる作品です。

フォトアートプリント

フォトアートプリント

フォトアートプリント

 


 

エリックCANTO写真家:コンサートの写真、ポートレート、アルバムカバー。

私のポートフォリオにアクセス ブログにアクセス お店に行く 私に連絡して

 


 

詳細:PhotoVsポスターアートプリント、ちょっとした歴史...

私たちのほとんどは私たちの部屋にポスターをぶら下げて育ちました、そして私たちはそれらを街にぶら下がっている広告として見ることに慣れています。

しかし、ファインアートプリントがますます一般的になるにつれて、ほとんどのカジュアルな消費者は、2つの違いや、どちらを選ぶべきかをまだ知りません。私たちはそれらが咲いているのを見て、ファインアートプリントの価格は通常より高い価格です。しかし、なぜ ?

ファインアートプリントの人気が高まり、消費者はニーズの変化に応じて従来のポスターから徐々に離れていきます。では、ファインアートとは何ですか?なぜこれほど多くのプリンターがこれを提供し、何がより高い価格を正当化するのでしょうか?それは、品質だけでなく可能性にもいくつかの要因があります。アートプリントとポスターはそれぞれ社会での役割を担っており、今日は主な違いを分析します。

大きな美術館に行ったことがあるなら、おそらくギフトショップを閲覧して、安いアートワークを販売しているポスターを見たことがあるでしょう。

あなたはおそらく印刷所にも行ったことがあり、「ポスター価格」と「アートプリント」の価格を見たことがあるでしょう。価格差に値するアートプリントとポスターの違いは何ですか?どちらの画像も同じように見えるのに、なぜ一方が他方よりもコストがかかるのでしょうか。

まず第一に、技術が進歩するにつれて、印刷は近年ますます芸術になっています。ポスターに関しては、自宅やほとんどのプリントショップでデジタル印刷を使用して適切な結果を得ることができます。しかし、非常に大規模なプロジェクトの場合、企業はより良い品質とより良い価格を求めています。

その結果、彼らは通常オフセット印刷に目を向けます。これにより、元の作品のより良い複製を取得し、手頃な価格で、何千ものポスターを作成することができます。サイン入りでない限り、ニューイングランドペイトリオッツのポスターや レディー・ガガ.

したがって、製造コストを低く抑える必要があります。これが、ポスターがしばしば紙とインクを使用する理由であり、それはまともな投資収益率を提供します。品質は完璧ではありませんが、ポスターを適切に管理すれば、数年は持ちます。

それに比べて、ファインアートプリントは量よりも質に焦点を合わせています。有名な絵画のポスターの複製は、それぞれ3 $で販売できますが、同じ作品の1000枚のファインアートプリントは、それぞれ35$で販売できます。

生産コストは重要ですが、ここでは確かに重要ではありません。したがって、すべては品質に帰着します。ファインアートプリントは、より高品質のインクと印刷面を使用し、元のアートワークのように見え、ポスターよりもはるかにゆっくりと劣化します。

しかし、グラフィックデザイナーとテクノロジーは非常に進化しているため、私たちのほとんどは、アートプリントとプリンターで作成したばかりのポスターの違いを区別できません。どちらも印刷時に驚くべき色と品質を持ち、違いを実際に見つけることができるのは数年後になるでしょう。それでは、ファインアートとポスターを詳しく見てみましょう。

 

写真のファインアートプリント、オフセットリトグラフ、インクジェット

人気のあるアーティストの作品を楽しんでいるが、オリジナルの作品を購入する予算がない人のために、ファインアートプリントの複製は手頃なオプションを提供します。最も一般的で安価な複製オプションは、商用オフセット印刷を使用して製造されたオフセットリソグラフィーです。

別の複製オプションはインクジェット印刷です。ジクレープリントでは、オリジナルの芸術作品のデジタル画像を取得し、インクジェットプリンターを使用して、キャンバス、紙、またはその他の種類のメディアに印刷します。

ジークレープリントはオフセットオプションよりも少しコストがかかる傾向がありますが、必要な数のプリントを印刷できるほか、さまざまな素材を自由に使用できます。

 

他の種類のオリジナルファインアートプリント

一部のアーティストは他の印刷方法を使用することを好み、芸術作品にインクを適用するためにさまざまな異なる材料を使用する場合があります。

木のブロック、アルミニウム、プレキシガラスのプラーク、シルクスクリーン、銅、石などのアイテムを使用して、いくつかの芸術作品を作成するプラークを作成できます。

同じ版から多くのパーツを作ることができますが、塗布プロセスによる各プリントの独自の違いにより、これらのパーツはそれぞれオリジナルのプリントと見なされます。

アーティストの署名と、エディション内のプリントの総数とは別に特定のプリントの数を示す番号を含むエディションで、オリジナルのファインアートプリントを見つけるのが一般的です。たとえば、10点中2点または2/10です。 。

 

さまざまな印刷方法

これらのオリジナルのファインアートプリントを作成するために使用されるいくつかの印刷方法には、コラージュ、スクリーンプリント、リソグラフィー、およびデジタルアートプリントが含まれます。

コラグラフは、複数のコラージュのようなボードを使用して、紙にインクを塗布するプレートのように機能します。スクリーン印刷にはスクリーン印刷プロセスが含まれ、コラグラフよりも高品質で高品質の印刷を作成できます。

リソグラフィでは、石灰岩または感光板を使用して画像を作成または転送します。次に、ローラーを使用して画像にインクを付け、大型のフラットプレスを使用して手で紙に印刷します。デジタルファインアートプリントの場合、これらは画像または描画アプリケーションを使用してコンピューター上で作成できます。次に、画像はインクジェットプリンタを使用してアーカイブ用紙に印刷されます。

 

ファインアートプリントと紙と帆布の種類

ファインアート写真プリントは、キャンバスだけでなく、さまざまな種類の紙に印刷できます。ファインアートプリントの寿命を延ばすために、すべての紙は酸を含まないものでなければなりません。

プレミアムアーカイブマット紙は、高コントラストと鮮明な再現を提供する厚手の紙です。

プレミアム光沢フォト用紙は、深みと鮮やかな色を提供し、ジークレープリントに適しています。プレミアムセミマットフォト用紙は、ニュートラルな色調、高いインク彩度、最小限のまぶしさを提供します。

プレミアム光沢フォト用紙はポートレート写真家のお気に入りであり、水の画像が生き生きと見えるようにします。コールドトーンのフォトクロスは100%コットンでできており、白黒画像に最適です。

サマセットベロアペーパーはオイルパステルの複製に最適ですが、水彩紙は水彩の複製に最適です。

光沢のあるまたはマットなファインアートプリント

アートプリント用のキャンバスを選択する場合、光沢のあるキャンバスは、絵画の質感と反射品質を再現するのに役立ちます。つや消しの帆布は、元の絵のようにプリントを作成し、プリントに独特の滑らかさをもたらします。

オリジナルアートやファインアートプリントに関しては、通常、作品に何を喜んで費やすことができるかによって異なります。オリジナルの作品は通常最も長く続くので、購入する前にあなたにとって最も重要なものを決定するために時間をかけてください。 いずれにせよ、あなたは美しい芸術作品を手に入れるでしょう。

ポスターの特別オファーを入手する

多くのプリントショップがファインアートプリントを提供していますが、それが何を意味するのかを実際に知っている消費者はほとんどいません。印刷に使用されるインクと表面は、従来のポスター印刷とは異なります。紙の場合、紙ははるかに厚くなり、インクははるかに長持ちし、画質ははるかに良くなります。

ファインアートプリントは紙だけでなく、木、キャンバス、銅、プラスチックなど、想像できるあらゆる素材にアートプリントを作成することもできます。

印刷面が異なれば、画像の感触も異なり、写真の装飾、アート、保存を非常にクリエイティブに行うことができます。さらに、ファインアートプリントは単なる「コピー」ではなく、優れた品質と寿命のおかげで、実際には時間の経過とともに価値が高まる可能性があります。

ポスタープリント

ポスタープリントは、大量生産が必要な消費者や、すぐに何かを早く欲しがる人々の選択肢であり続けています。

子供の頃を振り返り、寝室に貼っていたポスターを思い出してください。それらはおそらくアートプリントではありませんでした。

あなたがそれらを捨てるのに十分な年齢になったとき、あるいはあなたがまだそれらを持っているとき、あなたはあなたが子供の頃に覚えているほど絵と色が鮮やかではないことに気づきました。このポスターがアートプリントだったとしたら、ずっと良い形にとどまっていたでしょう。

明るい色は最初は輝きを失う可能性があり、適切に維持されていないと、時間の経過とともに画像が色あせてしまいます。ポスターは常に画像を印刷するための優れた方法であり、フレームに入れてもすぐに色が失われることはなく、光に過度にさらされないようにします。

 

ファインアート写真印刷の歴史

1940年代までの発明
ある写真史家は、「 『ファインアート』または構図写真の最初の指数は、1851年に主の祈りを描いたダゲレオタイプを示したジョン・エドウィン・メイオールだった」と主張しています。

ファインアート写真を作るための成功した試みは、ジュリア・マーガレット・キャメロン、チャールズ・ルートウィッジ・ドジソン、オスカー・ギュスターヴ・レイランダーなどのビクトリア朝時代の開業医にまでさかのぼります。

米国では、F。ホランドデイ、アルフレッドスティーグリッツ、エドワードスタイケンが写真を芸術形式にすることに尽力し、スティーグリッツはそれを美術館のコレクションに取り入れたことで特に注目に値しました。

英国では、1960年のように、写真は実際にはファインアートとして認識されていませんでした。 SDJouhar博士は、この頃にファインフォトグラフィックアーツ協会を結成したとき、次のように述べています。米国では、写真はいくつかの公式地区でファインアートとして公然と受け入れられています。

ギャラリーや展示会でアートとして展示されています。この領域には対応する認識はありません。ロンドンサロンは絵画写真を特徴としていますが、それは一般的に芸術として理解されていません。

作品が美的性質を持っているかどうかにかかわらず、それは「ピクトリアリスム写真」と呼ばれ、非常に曖昧な用語です。写真家自身が、工芸品としてではなく芸術としての認識を得るために、彼の作品と彼の尊厳と美的価値に自信を持っている必要があります。 

1970年代後半までは、ヌード、ポートレート、自然の風景(アンセルアダムスによるイラスト)など、いくつかのジャンルが主流でした。サリー・マン、ロバート・メイプルソープ、ロバート・ファーバー、シンディ・シャーマンなど、1970年代から80年代の革命的な「スター」アーティストは、新鮮な目で見ながら、これらのジャンルに大きく依存していました。他の人は、即座の美的アプローチを研究しました。

ApertureFoundationやMuseumof Modern Artなどのアメリカの組織は、写真を美術の最前線に保つために多くのことを行ってきました。 1940年にMOMAが写真部門を設立し、ビューモントニューホールが最初のキュレーターに任命されたことは、写真の芸術としての地位を制度的に確認するものとしてよく引用されます。 

あなたが興味を持つかもしれない他の記事:
Joker film 2019 – Making-of, affiches, infos, musique…
Joker 2019 6

Joker 2019 S'il y a bien un film qui m'a marqué en 2019, c'est JOKER. J'attendais depuis de longs mois 続きを読む

ルイス・ハイン「Sadie Pfeiffer、CottonSpinner」
Lewis Hine photographe 4 1

LEWIS HINE Sadie Pfeifer, fileuse de coton, Lancaster, Caroline du Sud (Sadie Pfeifer, a Cotton Mill Spinner, Lancaster, South Carolina) 1908 続きを読む

エリック・トラオレ
eric traore

Né à Paris, Eric TRAORE a pris un appareil photo tout en étudiant les sciences et est entré à l'école 続きを読む

HEAVY MONTRÉAL FESTIVAL : COUVERTURE DU NOUVEAU MYROCK
heavy montrel festival

Shooting HEAVY MONTRÉAL FESTIVAL Shooting au HEAVY MONTRÉAL FESTIVAL Fier pour la couverture du nouveau MyRock. Pour la sortie du 続きを読む

ja日本語
お店に行く